中学留学

中学正規留学は日本の中学1年、2年の2学年に相当する期間の留学となります。 本来は、日本の小学6年生が、アメリカの中学1年に相当しますが、 留学生の受入れは中学2年(日本の中学1年)からとなっています。 最近では、日本でも小学校からの英語授業がはじまり、英語が一般化されてくると共に、留学生の低年齢化も進んでいるようです。 以前は高校留学でも珍しがられたものですが、今では中学留学は、英語を完全習得するための手段として広まりつつあります。

中学留学:サポート内容
TKA留学センターでは、アメリカでの生活を安心で有意義なものにして頂くために、以下のサポートをご提供しています。

• 中学出願のお手伝い
• ビザ申請のお手伝い
• 初回渡米時の成田から学校までの付添い
• 学校主要スタッフの紹介/学校側への留学生紹介
• キャンパス内外の施設案内
• ご家族様/留学生からのご質問・ご相談対応
• 渡米後の電話/メールでのカウンセリング
• 航空券手配
• ご家族様がアメリカを訪問する際のGuest Room手配(寮の部屋)
• 中学校からの郵送物の和訳

中学TOP写真

中学留学:費用
The King's Academyはアメリカでは、かなり歴史のある学校で、教会からの援助があるため、留学費用が抑えられます。
中学留学の費用は、学費、寮費、年間保険料、食費、出願費用、仲介手数料、年間サポート費用、その他の雑費用を全て含めて
350万円~470万円となっています。

※ 留学費用は、留学生の学年や初年度・次年度以降等の違いで増減致します。

上記金額に含まれない費用について
• 航空券代、および日本・アメリカ国内交通費(含:燃油サーチャージ、空港施設使用料)
 留学生毎に、搭乗するクラスや購入時期が異なるため、費用に含んでいません。
• 私的費用(お小遣い)
 人それぞれですが、物価は高くないので、1日3ドル~5ドル程度。
 衣服や雑貨等の購入も含めて20万円もあれば十分足りると思います。
 長期留学を予定していて、寮の部屋を充実させようとすれば、その分
 費用がかかりますが、それについては留学生毎に異なります。
• ビザ申請に伴う実費
 ビザの申請時に、ビザ申請費用とSEVIS費が必要です。
 また、その他郵送にかかる費用等がありますが、サポート費用には含まれておりません。
• カウンセリングに伴う実費(カウンセリング自体は無料です)
 カウンセリング自体は無料ですが、カウンセリングが留学生様のお住まいの地域で
 行われる場合、交通費をご負担頂きます。また、時間の都合上、宿泊が必要となる場合は
 宿泊費をご負担頂く事になります。
保険料は2013年から必須となったため、初期費用に含ませて頂きました。

中学留学:お申し込みから渡米までの主な流れ
 STEP1:カウンセリング
 ・ カウンセリングにて、学校や、サービス、アメリカの中学留学に関するご質問にお答えします。
 ・ カウンセリング自体は無料ですが交通費が発生する場合はご負担頂きます。

 STEP2:願書作成→出願
 ・ 願書の記入例に沿って必要事項をご記入頂きます。(不明点はお電話・メールにて対応致します。)
 ・ 英語での記入に不安がある場合は、日本語でご回答頂き、当センターにて英訳記入致します。
 ・ 出願費を学校に送金します。($300)

 STEP3:合否通知
 ・ 出願から1週間程度で合否連絡があります。
 ・ 合格確認後、学費の1部または全額を学校に送金します。
 ・ 送金から1週間程度でI-20受領となります。(ビザ申請に必要な書類です)

 STEP4:ビザ申請
 ・ Webでの申請から面接予約までのお手伝いを致します。
 ・ 面接後1週間程でビザが取得できます。

 STEP5:渡米
 ・ 成田空港から学校まで、私自身が付添いを致します。
 ・ 学校到着後、中学校スタッフの紹介や施設案内を致します。

中学校基本情報
繰り返しになりますが、アメリカの中学は、6年生~8年生で、日本の小学6年生~中学2年生にあたります。 留学生の受入れは、7年生からとなりますので、日本の中学1年生の年の夏からの入学となります。 高校とは違い、受講するクラスの選択は出来ませんので、学年単位で決まったスケジュールになります。 教科書は、基本的に貸し出しなので、購入する必要はありません。 また、制服はありませんので、私服で登校することになります。 成績のつけ方は高校と同じで、期末や中間試験以外に小テストや宿題の点が反映され、A、B、C、D、Fの5段階評価がつけられます。 アメリカでは高校も義務教育なので、中学を卒業すれば自動的にTKAの高校に進学できます。