TKAのアメリカ中学・高校留学

トピックス

TKA留学センターは、アメリカの私立校 The King's Academy(以下TKA)の公式な日本人受入窓口として、同校の卒業生による質の高い中学・高校留学のサポートをご提供しています。学校の内情を詳しく知らないマニュアルに頼ったサポートではなく、同じ経験を経た者として学校生活や寮生活、その他のご質問やご相談に対し的確なアドバイス、学校スタッフとの直接交渉を行います。学校には私の在学時のスタッフが多数在職しており、学校に対する質問や相談がし易い関係となっていますので安心してアメリカ生活を送って頂ける事と思います。

現在、2018年1月の入学希望者を募集しています。現在中学1年生~高校3年生の方が対象となります。 興味をお持ちの方は、お早めに一度ご連絡下さい。 また、費用やサービス内容については、中学留学、高校留学のページをご確認下さい。 その他のご質問は、お手数ですが、お問合せフォームよりご連絡下さい。

TKAなら

アメリカに留学するにあたって壁になるのは、留学する生徒さんご本人の英語に対する不安と、送り出すご家族様の治安を含めた生活に対する不安であると思います。 TKAは、しっかりと生徒達の面倒を見てくれる寄宿制の学校なので安心できますし、 英語力に不安のある生徒をサポートする体制が整っているので、出願時の英語力は不問となっています。 それでも不安は多々あると思いますが、卒業生だからこその的確なサポートでバックアップ致します。

私自身、高校からアメリカに留学して、英語以外にも家族のありがたみや、意見を言う事の大切さ等、たくさんの事を学んできました。 若い頃に親元を離れてアメリカで生活することは、心配も多く、簡単ではありませんが、 アメリカの中学・高校での生活は大きな自信に繋がる特別な経験となる事は間違いありませんので、そのお手伝いができればと思っています。

英語力について

TKAは、日本人以外にも、ヨーロッパや南米、アジアからの留学生の受入れ経験が多数あり、 海外からの留学生に慣れているので、英語力が不足している人にも親切に接してくれますし、 ESLのクラス(英語が母国語でない生徒用の英語クラス)が5段階用意されていて、外国人に英語を教えるプロが丁寧に教えてくれるので、 徐々に英語に馴染んでいくことができます。

また、ESL受講が卒業を遅らせる原因にならないように、ESLも卒業に必要な単位として通常の英語クラスの代わりとして認められていたり、 通常アメリカ人の生徒には必修となっている、外国語(スペイン語やラテン語等)の受講は免除されている等、留学生を受入れるためのシステムが確立しているので安心です。

未知の世界に対して不安を感じるのは当然の事だと思いますが、実際に私自身が英語力ゼロと言っても過言ではない状態で高校からアメリカに留学して、 3年間で無事高校を卒業、アメリカの大学にも合格しました。 英語力不問となると、逆に学校のレベルについて不安を感じる方もいらっしゃいますが、 TKAの大学進学率は、アメリカの平均的な高校よりも高く、成績の良い生徒には、高校のクラスと並行して、大学の単位も修得できるコースも用意している等、 将来に向けての準備がしっかり出来る学校です。英語力については、最初は苦労もあると思いますが、辞書を片手に、ゼスチャーで伝えたり。 簡単な単語だけ並べる事でも会話は出来ます。 そして、2、3ヶ月もすれば、聞き取りかなり慣れてきて、アメリカでの留学生活を楽しむ余裕が出てくると思います。

TOEFLのスコアについて
高校留学にはTOEFL、中学留学にはSLEP(もしくはTOEFL)のスコア提出が必要になりますが、受入れの審査には一切影響しませんので、 何点取らないと入学資格が無いというような事はありません。 また、願書提出時にスコアは不要なので、 合格後の受験でも問題ありません。また、中学・高校共に、希望すればアメリカに行ってからもTOEFLを受験する事ができますので、自分の英語力がどれだけ伸びているのかを実感する事ができます。

安心

アメリカ人は、寮に住むか、自宅から通うかの選択が出来ますが、留学生は中学・高校共に全員寮での生活をして頂く事になります。 寮での生活は、食事や勉強の時間が学校側に管理してもらえるので、規則正しい生活ができます。 また、学校のある地域は、大きな街も無く、外出時は寮長の許可を得る必要がある等、生徒にもよく目が行き届いており、 トラブルに巻き込まれるような心配もありません。 アメリカというと、治安について不安を感じる方も多くおられますが、寄宿制の学校なら、その面ではご安心頂けるのではないでしょうか。
勉強の面でも、クラスについていけていない生徒のために、苦手分野をサポートしてくれるアドバイザーを用意するなど、 学校が生徒ひとりひとりを大切に見守ってくれているのが分かります。ご家族様が、お子様のテストや宿題の結果等を確認出来るシステムも導入しておりますので、 日本で待つご家族様にも、少しでもご安心頂けるのではないかと思います。

サポート

実際に高校時代をTKAで過ごした経験から、生活の様子や、クラスの様子、地理的な事も把握していますので、 アメリカに渡った後の様々な質問にも、的確にお答えできます。 また、私が在学していた頃の教員やスタッフも在職しており、 単なる受入れ先の学校と、留学斡旋業者の繋がりではありませんので、学校側へのご質問・ご相談等がある場合にも話をし易い 良好な関係であることも、より良いサポートをご提供できる理由のひとつです。

初回の渡米に際しましては、当センターの日本人スタッフが成田空港から学校まで付き添います。 学校到着後も、学校スタッフの紹介と学校側への留学生紹介、およびキャンパス内外の施設の案内等を行います。 また、新しい1年の始まる8月は、学校のシステム変更等もあり、一度説明を受けただけで、全てを覚えるのは困難ですので、 1学期開始直後の約2週間は現地に滞在し、留学生を見守ります。

プログラム概要

中学正規留学
日本で小学校を卒業した方が、アメリカの中学校に入学し、中学の卒業、および高校入学を目標とするプログラムです。 アメリカの中学は、日本の小学校6年生~中学2年生の期間に相当しますが、留学生の受入れは7年生(日本の中学1年生)からとなります。 最近では、留学生の低年齢化が進んでいるので、中学からのアメリカ留学も珍しくありません。 中学正規留学で是非とも完璧な英語をマスターして下さい。

なお、アメリカでは高校は義務教育ですので、中学卒業後は試験等は無く、自動的に高校に進学できます。

中学正規留学の費用やサポート内容については、中学留学のページをご覧下さい。

高校正規留学
日本の中学3年生~高校3年生に相当する期間の留学で、アメリカでの高校卒業を目的とするプログラムです。 高校からアメリカに留学される方は、日本で中学を卒業してからの場合が多く、3年間で卒業するケースが最も多くなります。 私も日本の中学卒業後にアメリカに行きました。 親元を離れ、さまざまな事に自分で対処する事で精神的にも大きく成長できます。
また、日本の学校で取得した単位を持って編入できるので、日本での学習期間が無駄になりません。

高校正規留学の費用やサポート内容については、高校留学のページをご覧下さい。

大学準備コース
アメリカの大学に行きたい場合、英語力の強化として語学留学が主流ですが、本プログラムでは、アメリカの高校に入学して、 現地の生徒と共に通常の学校生活をおくる事で、より効果的に英語の習得を目指します。 高校での成績にもよりますが、
努力次第で1年後にはアメリカの高校卒業証明も取得することができます。

費用や詳細は、大学準備コースのページをご覧下さい。